【英語を身に付けよう】英会話教室を選ぶならレッスン内容をチェック

申し込みは簡単

女性

カードやアドレスの準備を

スピードラーニングを学ぶときには、専門の教材が必要です。スピードラーニングの教材は、スピードラーニングの公式サイトから申し込むことができます。継続的に学習を続けるためのデジタル版にいったん申し込むと、料金は月額課金されます。そのため、申し込む前に、支払い用のクレジットカードか、デビットカードを準備する必要があります。スピードラーニングは、お試し版も販売されています。お試し版は、銀行振込でも料金を支払うことができます。そのため、クレジットカードを準備する必要は、お試し版の場合はありません。しかし、メールアドレスを準備する必要はあります。メールアドレスは、ポータルサイトによって用意されている、無料のものでも構いません。スピードラーニングを申し込むときには、学習コースを比較し、指定する必要があります。日常会話コースに申し込むと、海外ドラマで使用されているような、カジュアルな英語を覚えることができます。ビジネス用のコースに申し込むと、日常会話コースと比較して、フォーマルな英語を習得することができます。目的に合ったコースを指定することが重要です。スピードラーニングを、英会話スクールなどの他の学習と比較すると、準備はほとんど必要ありません。リスニング教材を聞けばいいので、初心者でも馴染みやすいです。しかし、英語を話せるようになるためには、リスニングだけではなく、シャドウイングも要ります。他の学習法と比較して、スピードラーニングは時間をとりません。ただ、英語を本格的に話せるようになるためには、シャドウイングをする時間を、あらかじめ準備する必要もあります。

Copyright© 2017 【英語を身に付けよう】英会話教室を選ぶならレッスン内容をチェック All Rights Reserved.